おうち知育

子供新聞の比較!読売・朝日・毎日の違いは?幼児から始めたい新習慣

子供新聞比較

子供新聞を比較したい!

新聞は社会人において必須アイテム・・・。

だけど、ぶっちゃけ大人の新聞すら、まともに購読したことない!

みみみみ
みみみみ
と大声では、なかなか言えないですが・・・w

子供新聞は、受験を考えていたり、幼児教育を頑張る家庭には定番のアイテム。

でも大人の新聞もきちんと読みこめてないのに

  • 子供新聞って難しい?
  • 毎日継続するって大変?
  • 値段は高くないのかな?

など不安になりますよね。

子供新聞は色々あるけど、どこを選んだらいいのか。

定期的に届いてしまうものだからこそ、絶対にはずしたくないですよね。

子供新聞を比較しながら、結局どこが一番おすすめなのか徹底調査しました!

▼幼児から始めるならイチオシ▼

読売KODOMO新聞

子供新聞の比較表

新聞はたくさんあるけれど、子供新聞を取り扱うので有名なのは3社。

  1. 読売KODOMO新聞
  2. 朝日小学生新聞
  3. 毎日小学生新聞

簡単に何がどう違うのか、比較表にしてまとめてみました!

子供新聞年齢値段頻度
読売KODOMO新聞小学生月550円週1回
朝日小学生新聞小学生月1769円毎日
毎日小学生新聞小学生月1580円毎日
値段

一部ごとの値段に換算してみると

  • 読売 550÷4=約137円
  • 朝日 1769÷30=約59円
  • 毎日 1580÷30=約53円

発行頻度やページ数も違うので、単純には比べられないですが・・・

値段だけで言うなら、料金が安いのは、「毎日小学生新聞」です。

年齢

子供新聞はどこも対象年齢は、小学生~。

幼児教育に力を入れているおうちだと、一般的に5歳くらいから購読を始める人が多いです。

中学受験のために小学校3年生くらいから読み始める人も多いですね。

ただ実際に手に取ってみるとまったく3社の難易度はまったく違います。

幼児から始めるのならば、一番わかりやすいのは「読売KODOMO新聞」です。

届く頻度

新聞と言えば毎朝届くものかと思いきや、週1回は「読売KODOMO新聞」のみ!

子供一人で文字が全部読めない場合は、やはり親の手助けが必要になります。

  • 毎朝、新聞に向き合うのはハードルが高い
  • はじめて子供新聞を読む

という場合は「読売」の一択ですね。

毎朝届くのは「朝日」か「毎日」。

小学生以上で読む力もあり、ニュースなどにもすでに興味があるなら、「朝日小学生新聞」で間違いないです。

以上、比較すると、幼児から始めるならば「読売KODOMO新聞」。

もし迷ってしまったら、親の政治的な好みで選べば問題ありません。

みみみみ
みみみみ
ぶっちゃけすぎでしょうかw

まとめると、ざっくり選び方としての基準をあげるなら

という感じです。

どれも大人の新聞を頼んでいなくても、子供新聞のみで購読することができます。

私は、読売と朝日で無料お試しを申し込みました!

子供新聞の比較【読売KODOMO新聞】

読売KODOMO新聞は、小学生新聞で発行部数ナンバーワン!

子供新聞の中では一番とっつきやすい印象の新聞です。

気軽に読める週1回、というのが一番の特徴!

毎日届く新聞だと、習慣化するまでが親も大変だし、1週間にあった色々なニュースをまとめているので無理なく読むことができます。

みみみみ
みみみみ
私も実際にお試ししたけど、すごく気に入った!

読売KODOMO新聞の特徴はこんな感じ↓

  • 大きさは普通の新聞の半分
  • 20ページ
  • カラー写真が多め
  • イラストや図表がわかりやすい
  • 漢字にはふりがな有り
  • 英語の4コマ漫画などもある
  • ファッション、書評などテーマの種類が多い

四谷大塚監修の受験ページもあるので、受験にも対応できます。

みみみみ
みみみみ
受験ページは幼児には読めないけど、わたしがドキドキして読んでしまいましたw

月に1回くらい読売新聞朝刊とKODOMO新聞で同じテーマを扱うので、並べて読み比べてみるのも楽しそうですね。

1回だけ無料お試しをすることができるのですが、ネットから申し込んだら、特に訪問や電話の勧誘はいっさいなかったのでよかったです。

▼幼児から始めるならイチオシ▼

読売KODOMO新聞

子供新聞の比較【朝日小学生新聞】

朝日小学生新聞は、中学受験をするご家庭の必須とも言えるアイテム。

何といっても一番の魅力は、毎日届くので時事問題に強くなれるところ!

みみみみ
みみみみ
自分が子供の頃にも、中学受験組の友達はみんな読んでました

朝日小学生新聞の特徴はこんな感じ↓

  • 8ぺージ
  • 漢字にはふりがな有り
  • 毎日届くので最新のニュースに強い
  • 学習漫画やイラスト中心のコーナーあり
  • 連載小説あり

天声人語ならぬ、「天声こども語」もあるので、毎回書き写しているお子さんも多いようです。

中学受験組は、とりあえず朝日小学生新聞を読んでおけば間違いなし。

毎日発行なので、とにかく真剣に読んだら確実に力はつきますよね。

無料お試しでは3日分の新聞が届きます。

子供新聞の比較【毎日小学生新聞】

毎日小学生新聞は、日本にある子供向け新聞で一番歴史が長い新聞。

みみみみ
みみみみ
子供新聞の先駆けなんですね!

毎日小学生新聞の特徴はこんな感じ↓

  • 大きさは普通の新聞の半分
  • 8ページ(金曜土曜は12ページ)
  • 漢字にはふりがな有り
  • 松丸亮吾のナゾトキ連載あり
  • 英単語の連載はQRコードで音声も聞ける

ニュースが多めで、内容としては真面目な印象。

毎日小学生新聞は7日間無料お試しすることができます。

毎日小学生新聞

子供新聞は比較しながら色々試すのが正解!

子供新聞は難易度も雰囲気も違うので、子供の年齢によって、必要な新聞は変わってきます。

みみみみ
みみみみ
4~5歳だといきなり朝日は難しそう

読売、朝日、毎日ともに、どれも無料でお試しできますし、一度全部取り寄せてみるのもいいですね。

子供新聞を実際に読んで感じた一番のメリットは「子供の興味・関心が広がる」ということ。

みみみみ
みみみみ
普段の会話では出てこないような話題に、触れるキッカケになる!

いまや新聞を紙媒体で定期購読する大人は減ってきているけど、ネットニュースでは気になるところしかクリックできないのがデメリット。

新聞なら、まんべんなく色々な話題やニュースが目に入るのでいいと、池上彰さんも言ってました。

小さい頃から習慣として、新聞を読むことが身についたら、ものすごく子供にとって底力になると思います。

子供新聞で迷ったら、まずは週1回の読売KODOMO新聞を試してみるので、間違いないです!

▼無料お試しできる▼

読売KODOMO新聞